塗替工事

塗装された塗膜は永久的に不変ではありませんよね。合成樹脂を中心に有機物があるので大気において劣化が始まります。塗膜の劣化は、

  1. 塗膜の構成成分の性質が外の力との関係で劣化する
  2. 塗装して塗膜が形成される過程に生じた不具合で劣化する
  3. 環境や用途に対して塗装仕様の種類の選択が不適切であると急激に劣化する。

などこういった劣化に対して塗替工事を行わなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です