石材外壁

外壁や玄関付近のコンクリート等の表面には、石材やタイルが貼り付けられていることがあります。外壁塗装の際、これらに直接塗装をすることはありませんが、汚れている場合は、これらの外装材の洗浄作業をしなければなりません。また、塗装作業中に損傷させてしまう危険もあるので、性質について知っておくと良いでしょう。

住宅に使われる石材は大きく分けると自然石と人造石の二つ。

自然石にはマグマが冷えて凝固した火成岩や、砕けた岩石や生物の死骸が水中で沈積

した水成岩があります。ほかに、火成岩や水成岩が熱と圧力で結晶化した変成岩がありますが、これは内装用に使われるものです。

そして、変成岩の代表的な石材といえば、白地に美しい斑紋がある大理石。セメント製品の表面材に種石としても使われることもあり、このような人造大理石は「テラゾー

と呼ばれています。

これらの外装材の特徴は、圧縮強度が強く耐火性に優れていること。加工することによって天然の美しさが得られます。しかし、外部からの衝撃による割れが発生するほか、施工不良で欠けや脱落が起こることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です