軽量気泡コンクリート板

ALC板」とも呼ばれる軽量気泡コンクリート板は、プレキャストコンクリートの一種です。軽量で耐火性・保温性に優れているという特長を持っています。しかしその一方で、表面の強度が低いため欠けやすいというデメリットもあります。また表面層に細かい穴が空いており吸水性が高く、透湿を防ぐ必要もあります。

軽量気泡コンクリート板を外壁に使用する際は、防水性の問題を解決しなければなりません。そのため取り付けは縦方向に行い、外部側に防水処理を施します。内装側においては通気性を考慮した仕上げにして、パネル間の目地をシーリング材によって防水加工します。

そして、表面の外壁塗装の仕上げにはフィラー(サーフェーサー)を活用します。フィラーにはシーラーの働きもあり、これを塗布することで表面を滑らかにすることが可能です。フィラーを塗り終えたら、塗料の付着性を向上させるために下地処理をします。

また、軽量気泡コンクリート板は、たわみ等によって防水破断を起こすことがあるので注意が必要です。これを防ぐためには、鉄骨母屋間隔を狭くして支点間距離を短くする方法が有効です。さらに、軽量気泡コンクリート板の下地鉄骨への緊結を確実に行うことも重要です。